文字サイズ

眼科松本クリニック

9:00~12:00/15:00~18:00
金曜午後/土曜午後/日祝日を除く

ホーム > 診療設備

診療設備

Medical equipment

検査機器の紹介

レベルの高い治療は高い検査力、診断力から

 

共焦点走査型ダイオードレーザ検眼鏡

和歌山県下初導入

高画質で分かり易い眼底読影が可能、OCT、OCTAも含め病巣診断を多角的に判断できFAFやレトロモードなど新たな画像読影が可能となりました。
多くの眼底画像情報を一元管理し、効率的で的確な診断をサポートします。

Miranteメーカーサイト(ニデック社製)

 

光眼軸白内障眼内レンズ度数計算検査機器

IOLマスター700 (カールツァイスメディテック社製)

今までは、白内障手術時の眼内レンズ度数計算を角膜前面のみを測定し、導き出された推測値やノモグラム(計算図表)を用いて角膜全屈折力を算出しておりました。
しかしながら、この方法では角膜異常眼や、外れ値には対応できず、予期せぬ術後屈折誤差が生じることがあります。
IOLマスター700は、角膜前面の測定値とOCTによる角膜後面の測定値とのコンビネーションで、眼内レンズの度数を算出します。

 

オートレフケラト/トノメータ

TONOREF® II (ニデック社製)

近視や乱視、遠視、及びその度数などを測定する機能と角膜の測定。眼圧測定の3つの機能をひとつにまとめた検査機器を導入し、測定機能の集約により、患者様の移動をなくし、スピーディーな測定や省スペース化を実現、さらなる快適な検査を提供致します。

TONOREF® IIメーカーサイト(ニデック社製)

 

スリットランプ

スリットランプは、診察室で医師が眼の状態を確認する検査機器です。

 

半導体レーザー手術装置

涙道疾患に対応する手術機器を導入。マイクロファイバーから照射レーザーで極狭い患部の切開および止血などを可能にしました。

 

網膜硝子体・超音波白内障手術装置
コンステレーションR ビジョンシステム

硝子体手術において、医原性裂孔や術後合併症のリスクを軽減。眼内圧の安定性など手術に必要な機能を実現したシステムとなっています。

 

レーザー光凝固装置

PASCAL (株式会社トプコン社製)

レーザー治療は、網膜裂孔、増殖糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫などの網膜の病気の治療に広くもちいられています。
従来のレーザーに比べて短時間で済み、痛みも少ないといわれている新しい発振方式を搭載したレーザーです。 従来のレーザーは一回の発振で、一つの凝固しか得られませんでしたが、新しい方法では一回の発振で、たくさんの凝固が得られるようになりました。
そのため、レーザー治療にかかる時間が大幅に短縮されます。また、従来のレーザーよりも組織へのダメージが少ないため、痛みが非常に軽減されています。

PASCALメーカーサイト(株式会社トプコン社製)

 

角膜内皮細胞測定装置

角膜(黒目)の内側の細胞の数や形を測定します。

 

角膜形状測定装置

角膜の表面や後面を撮影し、角膜表面の歪みや屈折力の分布、角膜の弯曲、乱視・不正乱視などを検査します。

 

散瞳・無散瞳一体型眼底カメラ

網膜疾患や視神経の状態などを調べます。糖尿病網膜症や高血圧性網膜症、緑内障などの検診ができます。

 

自動視野計

網膜疾患や視神経の状態ものの見える範囲を検査し、緑内障の早期発見・治療に使います。

 

スペースセイビングチャート

省スペースでスピーディーな視力測定が可能です。

PAGE TOP
Copyright (c) MATSUMOTO Clinic All rights reserved.