文字サイズ

眼科松本クリニック

9:00~12:00/15:00~18:00
金曜午後/土曜午後/日祝日を除く

ホーム > フェイキックIOLの手術

フェイキックIOLの手術

Fakic IOL

安心して手術を受けて頂くために

医療機関で、許可を受けた医師のみが施術します

ICLの手術は、国内での一般眼科手術の良好な実績と、規定された研修を終え、認定インストラクターに認められた医師のみが施術できる術式です。 現在のところ極少数の医療機関で手術が可能です。

ICLのインプラント技術は白内障の手術方法と同じで、当院では多くの白内障手術の実績がございます。 眼科松本クリニックでは、1万眼以上の手術実績があります。安心してお選びいただける近視矯正手術であると考えております。

ICLの手術方法

点眼麻酔をして、角膜を約3ミリ切開します。

切開した部分からICLを眼の中に専用のインジェクターで挿入します。

虹彩と水晶体の間にICLを置きます。

手術までの流れ

手術当日にご帰宅いただけます

 

1.検査・カウンセリング

初診はいつでも受け付けておりますが、フェイキックIOLの術前検査は予約制になっております。

2.点眼麻酔

麻酔は目薬をさす要領(点眼麻酔)と同じ。麻酔の注射をしないため痛みがなく安全です。

3.切開

耳側の角膜周辺部を3mm程度切開します。痛みは感じません。

4.インプラント

眼の中の黒目(虹彩)の裏、水晶体の前の後房と呼ばれる位置にインプラントされます。黒目の裏に固定されることで、ズレたりする心配はほとんどありません。また、外見からICLが見えることもありません。

5.レンズの挿入

眼内レンズを挿入した後、傷口は小さいので自然に閉鎮します。傷口を縫う必要はありません。

6.手術終了

院では入院は不要です。手術後は個室で1時間程度お休みになってから帰宅できます。手術翌日からゴーグルを使用して頂くと眼帯なしで普段の生活がおくれます(洗顔、洗髪、化粧は通常7日目から可能。念のため医師の許可が必要です)。

7.手術後の診察

手術後の診察が必要です(翌日/3日目/1週間後/1ヶ月後/2ヶ月後/3ヶ月後)。術後の視力は他に眼の疾患がない場合、ほぼ100%回復します。

フェイキックIOL関連コンテンツ

PAGE TOP
Copyright (c) MATSUMOTO Clinic All rights reserved.