文字サイズ

眼科松本クリニック

9:00~12:00/15:00~18:00
金曜午後/土曜午後/日祝日を除く

ホーム > 2009年アイキャンプ活動

アイキャンプ活動

Eye Camp

2009年1月 ネパールでのアイキャンプ活動

海外での野外開眼手術活動

今回のアイキャンプは2008年12月31日から2009年1月2日までの3日間、初めての地、西ネパールサリヤン郡のサリヤンで行われました。

ネパールの首都、カトマンズからサリヤンまで車で移動すると、まる一日かかるということで途中のバイラワまで飛行機(プロペラ機)で30分、 バイラワから目的地サリヤンまで車で8時間を費やした。このうち3時間は全く舗装のないでこぼこ道でサリヤンに着いた時はすでに体がガタガタであった(53才の私にとって大変こたえました)。

※画像をクリックで拡大します。

サリヤンサリヤンが見えた!

サリヤン隊サリヤン隊のメンバーです

牛さんネパールでは牛さんが神様なので大切に扱われます

サリヤンの姉妹サリヤンのベストスマイル賞の姉妹です

4WD4WD車の屋根が荷物スペースです

携帯ネパールの田舎町でも携帯は若者の必須アイテムです(電波ってすごい)

アイキャンプはトリブバン大学サリヤン分校を借りて行われました。

サリヤンは昨年まで行っていたチャリコットと比べ、町も小さく、ヒマラヤの山並もはるか遠くに少し見える程度だったが、 目立つものがあまりない分、「アイキャンプに来ている」という気持ちにさせてくれる所であった。

今回は手術件数が多いということで手術顕微鏡は日本人チームが3台、ネパール人チームが1台の計4台を使用しました。結構大がかりな内容です。

白内障手術件数は3日間で209眼におよび、外来患者数は1207人にのぼりました。わたしたちのアイキャンプの重要性を感じる数字だと思います。

※画像をクリックで拡大します。

手術室手術は薄暗い即席の手術室で行いました

指導若手医師や現地の医師にも指導をします

手術さすがに皆手馴れたもので次々と手術を終えていきます

本当にこのアイキャンプの重要性を考えると共に、関係機関の皆様とAOCAのスタッフ、現地のお手伝いをして下さったネパールの皆さん。そしてこのアイキャンプを支え、関わって下さった全ての皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

※画像をクリックで拡大します。

ネパールでの食事 ネパールの基本的な食事です。ダハバードといいます。

視力検査 視力検査は明るい屋外で行います。

患者さん

手術後の患者さん 手術後の患者さんたちです

民族衣装を来た患者さん民族衣装で診察に来られた人達、鮮やかな赤がきれいでした。

手術後の休息手術後はわらじきの上で一晩休んで頂きます。

写真撮影 植田良樹 医師

アイキャンプの裏側~メイキング

アジア眼科医療協力会には、協会専属の医師は一人もおりません。皆、所属する施設(開業医や勤務医など)があるため、アイキャンプは年末年始の施設の休みを利用して行います。準備はアジア眼科医療協力会の事務局が中心に、数ヶ月前から準備にかかります。

  • アイキャンプ地の決定
  • スケジュールの調整
  • 各メーカー様への協力依頼
  • 渡航手続き

など、国内のみならず、ネパール側での調整も多々あります。

各メーカー様から、ご寄付頂いた薬剤や器具を、アイキャンプに持参するのも一苦労です。関西空港では、超過料金を少しでも節約するため、機内に持ち込めるよう外箱から中身を取り出しカバンに詰め込みました。

※画像をクリックで拡大します。

空港 空港での様子です

荷物薬剤や器具の荷物です

カバン機内に持ち込めるよう中身を取り出しカバンに詰め込んでいます

ネパールに着いてからも、車の屋根に全ての荷物を積み込み、悪路を揺られアイキャンプ地に移動します。高速道路は首都のカトマンズ周辺の一部だけしか整備されておらず、地方の田舎道はほとんどが舗装もされていない悪路続きです。

荷物の運び出し 荷物の運び出しです

荷物荷物は多いので車内には入りきりません

荷物屋根にすべての荷物を積み込みます

アイキャンプ地には、病院などがない田舎町で行うため、学校などを借りて、診察室、手術室、病棟にしなければなりません、これも我々の仕事です。

病棟学校を借りて、病棟にします

診察室、手術室 手作りで診察室、手術室を作っていきます

治療・手術 各々役割を分担し治療・手術ができる環境を作り上げます

ネパールは電気事情が悪く、停電が良くおこります。手術には発電機を利用して電気を確保しています。宿に帰るとローソクの明かりだけが頼りです(ロマンチックですよね?)。

基本的に食事は毎回下記のような感じです。美味しいのですが、あまり変化が無いのですぐに飽きてしまいます(笑)。

停電停電が良くおこります

停電中停電中、宿ではローソクの明かりだけです

手元の明かりで手術治療手元の明かりで、なんとか照らしています

お食事お食事はごはんとお野菜です

発電機発電機を利用して電源を確保しています

お食事 皆でお食事タイム

写真撮影 植田良樹 医師

バックナンバー

PAGE TOP
Copyright (c) MATSUMOTO Clinic All rights reserved.